ビジネスシューズの基本(デザイン編2)

前回の記事ビジネスシューズの基本(デザイン編1)では
つま先のデザインを紹介しましたが、今回はつま先以外のデザインについて。

外羽根内羽根

左が外羽根、右が内羽根です。
外羽根は靴ひもを通す部分の革(鳩目)が甲の革と比べて外側にあります。
内羽根は鳩目が甲の革と同じ高さになっていますね。

外羽根は紐の具合を調整しやすいメリットがありますが、
内羽根の方がフォーマルだと言われています。
例外も多くありますが、ストレートチップは内羽根が多くなっています。
まさに標準的なフォーマルシューズと言えるでしょう。

ダブルモンク

靴ひもの代わりにベルト用のバックルのようなもの(モンクストラップ)があるものです。
モンクストラップが1つだけのシングルモンクはあまり人気がありませんが、
モンクストラップが2つのダブルモンクは最近人気の形になります。
ビジネススーツにも良く合いますが、紐靴程堅苦しくないところがポイント。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中